金曜ロードショータイタニック主演!ケイト・ウィンスレットの現在 !

金曜ロードショー映画タイタニック主演、ケイト・ウィンスレットの現在 ! 映画
スポンサーリンク

大ヒット映画「タイタニック」のヒロイン・ローズ役で大ブレイクのケイト・ウィンスレットの現在を調査。

2021年5月7日(金)・5月14日(金)、金曜ロードショーで2週連続(前編・後編)放送されます。

映画の公開が1997年ですから24年経過した今、ケイト・ウィンスレットの現在までの経過が気になるところです。

今回の記事は

  • ケイト・ウィンスレットの現在のプロフィールと主な受賞
  • 22歳だったケイト・ウィンスレットが『タイタニック』出演後に感じたこと
  • ケイト・ウィンスレットとレオナルドディカプリオの関係
  • ケイト・ウィンスレットが出演した作品

以上の内容を記載していきます。

スポンサーリンク

タイタニック主演!ケイト・ウィンスレットは現在も映画に出演!

ケイト・ウィンスレット

  • 生年月日:1975年10月5日(45歳)
  • 出生地:イングランド・バークシャー州レディング
  • 国籍:イギリス
  • 職業:女優

ケイト・ウィンスレットは祖父母、両親、叔父、姉と妹、全て俳優業という俳優一家に育ちました。

27年の女優業の中で数々の賞を受賞しているケイト・ウィンスレット。ここで主な受賞を記載していきます。

主な受賞

アカデミー賞

2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』

ゴールデングローブ賞

2008年度 主演女優賞 (ドラマ部門) 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』

2011年度 女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』

2015年度 助演女優賞 『スティーブ・ジョブズ』

英国アカデミー賞

1995年度 助演女優賞 『いつか晴れた日に』

2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』

2015年度 助演女優賞 『スティーブ・ジョブズ』

ロサンゼルス映画批評家協会賞

2001年度 助演女優賞 『アイリス』

ロンドン映画批評家協会賞

1995年度 英国主演女優賞 『乙女の祈り』

2004年度 英国主演女優賞 『エターナル・サンシャイン』

ヨーロッパ映画賞

1998年度 観客賞 (女優賞) 『タイタニック』

2001年度 観客賞 (女優賞) 『アイリス』

2009年度 女優賞 『愛を読むひと』

放送映画批評家協会賞

2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』

全米映画俳優組合賞

1995年度 助演女優賞 『いつか晴れた日に』

2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』

グラミー賞

2000年度 Best Spoken Word Album for Children 『Listen To the Storyteller

エミー賞

2011年 主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』

セザール賞

2012年 名誉賞

ケイト・ウィンスレット今現在も女優として活躍しています。タイタニックの時とは違う、大人の演技を見せてくれています。

芸能関連記事

金ロー映画タイタニックの声優が変わった話

スポンサーリンク

22歳だったケイト・ウィンスレットが『タイタニック』出演後に感じたこと

映画『タイタニック』で一躍、時の人となったケイト・ウィンスレット、その後も数々の名作に出演し、たくさんの賞を受賞している彼女ですが、『タイタニック』出演後はメディアから中傷、批判を受け、いじめられていると感じていたと告白しています。

なんでも『タイタニック』出演後にはイギリスのメディアにプライベートもパパラッチされ続け、多くの批判をされたそうなんです。

日本も同じですが海外は特にパパラッチの存在は問題となっていますよね。有名になりたいと女優を目指し、有名女優になればパパラッチが仕事もプライベートも関係なく追い回す。

ケイト・ウィンスレットは自身で『有名になる準備が出来ていなかった』と言っており、ケイト・ウィンスレットのお父さんも俳優だったのですが俳優業で生計を立てていた訳では無いようで、いろんな仕事を兼業していたそうです。そんな父親を見てきたケイト・ウィンスレットも女優業を「時給のいいアルバイト」くらいにしか思っていなかった為、『タイタニック』で有名になりパパラッチに追われる毎日に心が追いついていかなかったのだと思われます。

スポンサーリンク

タイタニックコンビ、ケイト・ウィンスレットとディカプリオの関係

レオナルドディカプリオとケイト・ウィンスレットは、役柄で恋人役を演じた事と二人とも若かったこともあり、『2人が付き合っているのでは?』と噂がたった事は言うまでもありません。

しかし、ケイト・ウィンスレットは映画『タイタニック』の撮影中、一度もレオナルドディカプリオに惹かれる事は無かったと数々のメディアで話しています。

惹かれる事が無かったからこそ、今でも最高の友達としてお互いを尊敬し合う仲なのでしょうね。

その後、2008年の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」で11年ぶりに共演し、夫婦役を演じています。

スポンサーリンク

ケイト・ウィンスレットが出演した作品

それではこれまでにケイト・ウィンスレットが出演した作品を見ていきましょう。

主な出演作品

日本語題 役名
1994 乙女の祈り ジュリエット
1995 タイムマスター/時空をかける少年 サラ姫
いつか晴れた日に マリアンヌ・ダッシュウッド
1996 日蔭のふたり スー・ブライドヘッド
ハムレット オフィーリア
1997 タイタニック ローズ・デウィット・ブケイター
1998 グッバイ・モロッコ ジュリア
1999 ホーリー・スモーク ルース・バロン
2000 クイルズ マドレーヌ
2001 エニグマ ヘスター・ウォレス
クリスマス・キャロル ベル
アイリス 若き日のアイリス・マードック
2003 ライフ・オブ・デビッド・ゲイル ビッツィー・ブルーム
2004 エターナル・サンシャイン クレメンタイン・クルシェンスキー
ネバーランド シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ
2006 オール・ザ・キングスメン アン・スタントン
リトル・チルドレン サラ・ピアース
マウス・タウン ロディとリタの大冒険 リタ
ホリデイ アイリス
ブルーオアシスII 3D ※ナレーター
2008 きつねと私の12か月 ※ナレーター
愛を読むひと ハンナ・シュミッツ
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで エイプリル・ウィーラー
2011 コンテイジョン エリン・ミアーズ医師
おとなのけんか ナンシー・カウワン
2013 ムービー43 ベス
とらわれて夏 アデル・ウィーラー
2014 ダイバージェント ジェニーン・マシューズ
2015 ヴェルサイユの宮廷庭師 サビーヌ・ド・バラ
ダイバージェントNEO ジェニーン・マシューズ
スティーブ・ジョブズ ジョアンナ・ホフマン
リベンジャー 復讐のドレス マートル・ダネッジ
2016 トリプル9 裏切りのコード イリーナ・ヴラスロフ
素晴らしきかな、人生 クレア
2017 女と男の観覧車 ギニー・ラネル
2019 ブラックバード 家族が家族であるうちに ジェニファー
2020 アンモナイトの目覚め メアリー・アニング

1994年から実に37作品に出演しているケイト・ウィンスレット。これだけの映画にオファーがくるという事はそれだけの実力がケイト・ウィンスレットにはあるという証拠ですね。

スポンサーリンク

まとめ

5月7日(金)・5月14日(金)、2週に渡り放送される映画『タイタニック』に出演するケイト・ウィンスレット。

27年の女優人生の中で軽い気持ちで女優業をやってパパラッチに追い回されたりした日もありましたが数々の賞を受賞し、37作品の映画に出演した実績があり、レオナルドディカプリオという最高の友達も出来たケイト・ウィンスレット。

今後もまだまだ活躍すると思います。

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題の映画と気になる話題!