スティーヴ・オースティンのs.w.a.t!映画のあらすじとキャスト紹介

スティーヴ・オースティンのs.w.a.t! 映画のあらすじとキャスト紹介 洋画
スポンサーリンク

スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』

2011年に公開されたアメリカ映画でスティーヴ・オースティンの代表作とも言える作品です。

swatと言えばアメリカ合衆国が誇る警察や法執行機関、軍事に配置されている特殊部隊です。

これまでにも多くの『S.W.A.T.』の映画が公開されましたが、スティーヴ・オースティンが主演の映画『S.W.A.T.』もまた、有名な名作です。

  • スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』のあらすじ
  • スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』の見どころと感想
  • スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』のキャスト紹介

上記の内容を調べていきます。

スポンサーリンク

スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』のあらすじ

型破りで破天荒なSWATチームにはハント、ジャナード、ブランコ、テートの4人が所属している。

事件があるたびに現場で破壊・損害を出してきたチームはとうとう所長から再訓練の指令を言い渡される。

再訓練を行うべく向かった廃倉庫は実は敵対する2つのマフィアの取引場所となっていました。

先に存在に気づいたのはマフィア達でSWATチームが近づいて来ないように身を潜めSWATチームが立ち去るのを待ちますがSWATチームはそこで訓練を始めてしまいます。

1階にはマフィア、2階にはSWATがいる奇妙な廃倉庫となってしまいます。

静かにSWATが立ち去るのを待っていたマフィア達ですが敵対するがゆえに小競り合いを始めてしまいます。

1階からの物音に気付いたSWATチームはブランコに様子を見てくるように指示し、1階へ降りていくブランコ。

1階の倉庫を見回っていたブランコでしたがマフィア達の奇襲攻撃を受け、ブランコは死亡してしまいます。

ブランコの装備品を調べたマフィア達は2階にいるSWATチームが「シミュニッション」と言われる訓練用のペイント弾しか所持していないことに気づき、SWATチームを抹殺する計画を企てます。

2階にいたSWATチームも銃声を聞きつけ、1階へ向かうがすでに拳銃を持って待ち構えているマフィアに取り囲まれてしまいます。

SWATチームは訓練用のペイント弾しか持っていないがマフィアとの戦闘が始まってしまう。

スポンサーリンク

スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』の見どころと感想

ストーリーはSWATチームとマフィアの戦闘ですのでいたってシンプルですがやはり銃撃戦は見どころの一つですね。

破天荒なチームが繰り広げる派手なアクションシーン満載の映画です。

スティーヴ・オースティンのs.w.a.tを観た人の感想

B級の割には面白かった。

お荷物チームで、署長に大目玉食らって笑えるコメディ要素もあったり、バンバンド派手に撃ちまくり、カースタントもありスカッとするにはこれで十分。

面白かった〜☆
ラストで…唸った…そういう事だったのか…と…(笑)

ムキムキマッチョメンが筋肉と戯れる映画。とりあえず悪い奴ら撃っとけみたいなバカ。それゆえのスカッとするアクションシーンとても良きだった。

ムッキムキのオースティンがSWATする映画。

エンタのコントみたいな展開には笑う。

あまり期待しないで観たけど、普通に楽しめた。B級としては全然あり。

スポンサーリンク

スティーヴ・オースティン主演の映画『S.W.A.T.』のキャスト紹介

ここでスティーヴ・オースティンのs.w.a.tのキャストを紹介します。

役名 俳優 役柄
テイト  スティーヴ・オースティン 型破りで破天荒なチームをまとめる隊長
ハント マイケル・J・ホワイト 冷静沈着な黒人の隊員
ブランコ スティーヴ・ベーシック 射撃の天才。陽気でよくしゃべる。
ジャナード  レクサ・ドイグ チーム唯一の女性隊員。
ディミトリアス マイケル・シャンクス  
ランポーニ  エイドリアン・ホームズ  
イリヤ キャンディス・エレイン  
スポンサーリンク

まとめ

  • 肉食系俳優のアクション映画
  • スティーヴ・オースティンの代表作
  • B級映画だが以外にハマる
洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題の映画と気になる話題!