丸亀製麺は美味しくない?まずいと感じる理由は?

丸亀製麺は美味しくない? まずいと感じる理由は? グルメ
スポンサーリンク

日本のうどんチェーン店で圧倒的なシェアを誇る『丸亀製麺』

安くて美味しいと言われる反面、「美味しくない」と感じている人も多くいます。

今回は『丸亀製麺が美味しくないと思われる理由』を追求します。

  • 『丸亀製麺』が「美味しくない・まずい」と感じる6つの理由
  • 『丸亀製麺』が「美味しくない・まずい」と感じる人の口コミ
  • 『丸亀製麺』は「美味しい」と思う人の口コミ
  • 『丸亀製麺』について
スポンサーリンク

『丸亀製麺』が「美味しくない・まずい」と感じる6つの理由

Tweet / Twitter

『丸亀製麺』のうどんを「美味しくない・まずい」と感じる人は大きく6つの項目に分類されます。

  1. うどんの麺
  2. メニューの温度管理
  3. ネギ
  4. 天ぷら
  5. 店員
  6. 香川県民

「うどんの麺」

元々、『丸亀製麺』は讃岐うどんを意識していますので「麺のコシ」が強いです。

ですので、歯が悪い人や九州・福岡のやわらかい麺が好みの方にとっては、『丸亀製麺』の「うどん麺」は美味しくないと感じます。

「メニューの温度管理」

『丸亀製麺』のような「うどん店」では温度管理が重要になります。

  • 暑い時期に「冷たいうどん」を注文したのに、実際食べると生ぬるい食感だと美味しくなく、まずいと感じてしまいます。
  • 寒い時期に「あたたかいうどん」を食べようと注文し、出汁を入れると「ぬるい」出汁しか出てこないと温まりませんし、美味しくないですよね。
  • 「名物・釜揚げうどん」もお湯が「ぬるい」と美味しさが半減されます。

『丸亀製麺』でよく見られるのが、会計横の出汁を入れる時!

「ぬるい出汁」が出てくるのは問題外ですが、たまに「すっごく薄い出汁」が出てくる時があります。

こちらも『お湯でうどんを食べている感覚』になってしまい、とても食べれたものではありません。

「ネギ」

『丸亀製麺』では会計を済ませた後に薬味の『ネギ入れ放題』が人気ですね。

しかし、「無料でネギ入れ放題」という事で、なかなか店員の目の届かないデッドスペースになっているようで、「ネギの品質が悪い」との声が上がっています。

  • 薬味のネギが乾燥しまくっている

薬味の役割は料理の風味や食感を増幅させ、食欲を更に増加させる目的がありますが、その薬味の「ネギ」が乾燥して古くなってしまっては、逆に食欲減退に繋がります。

美味しいはずの「うどん」も、『美味しくない・まずい』と感じてしまいます。

「天ぷら」

『丸亀製麺』では7割以上の人がうどんと一緒に「天ぷら」をチョイスするのではないでしょうか?

『天ぷら』は店内で調理していますので「アツアツ・サクサク」の揚げたてが『丸亀製麺』の売りの1つになっています。

店側としてはお客様の入店を予想して、前もって天ぷらを揚げて準備します。

しかし、予想に反してお客様の入りが悪い場合、「揚げたての天ぷら」が「揚げたて」では無くなってしまいます。

更に時間が経過してしまうと、「天ぷらの変色」「食べると古い油の味」など、「美味しい」には程遠い、『天ぷら』となってしまいます。

このような『天ぷら』を食べられた方が、『美味しくない・まずい』と言われているのだと思います。

「店員」

こちらに関しては店舗によっても偏りがありますし、個人的な考えですので『丸亀製麺』の「美味しくない・まずい」には直接関係ないかもしれませんが…。

お腹をすかせてご飯を食べに来ているのに、店員の態度が悪く、「イライラ」しながら食べる『うどん』よりも、店員の接客が全員に行き届いて、「気持ちよく」食べる『うどん』の方が、絶対「美味しいに決まっています。」

そういった点では「美味しくない・まずい」にも影響があるかもしれません。

「香川県民」

『丸亀製麺』が「讃岐うどん」の本場・香川県で苦戦しているのはご存知ですか?

香川県民からすれば、『丸亀製麺のうどん』は「讃岐うどん」では無いとハッキリ答えます。

『丸亀製麺』を運営している「トリドールホールディングス」は兵庫県が本拠地であり、元は焼き鳥屋だったので、香川県の「讃岐うどん」とは何の関係も無いんですね。

そんな『丸亀製麺』が「讃岐うどん」を謳っている事が香川県民からすれば許せないのでしょう。

スポンサーリンク

『丸亀製麺』が「美味しくない・まずい」と感じる人の口コミ

https://twitter.com/bikeismywife/status/1300390536231018496?s=20&t=O9VVVaFwpYzkawuYsfsLIA

『丸亀製麺』が美味しくない・まずいと感じている人たちの口コミを見てみます。

https://twitter.com/Y_800f/status/1505484036193456130?s=20&t=O9VVVaFwpYzkawuYsfsLIA
https://twitter.com/amber_938/status/1496434696406069248?s=20&t=O9VVVaFwpYzkawuYsfsLIA

Twitterなどで検索するとやはり「丸亀製麺は美味しくない・まずい」とコメントしている人は多いですね。

スポンサーリンク

『丸亀製麺』は「美味しい」と思う人の口コミ

逆に『丸亀製麺』は美味しいと思っている人はどのくらいいるのでしょうか?

同じくTwitterを調べてみます。

『丸亀製麺』を美味しいと思う人は天ぷらも大好きのようです。

『丸亀製麺』のうどんが「コスパ」が良いと思っている人は実際に「香川県」の讃岐うどんを食べた事の無い人かもしれませんね。

スポンサーリンク

『丸亀製麺』について

『丸亀製麺(まるがめせいめん)』は株式会社トリドールホールディングス参加の企業でしたが、2016年『株式会社 丸亀製麺』となりました。

香川県丸亀市とは全く関係なく兵庫県加古川市発祥の企業です。

『丸亀製麺1号店』も兵庫県加古川市に出店しています。

『丸亀製麺』は日本全国に83店舗出店しており、店舗数の多い都道府県は「東京都:78店舗」、逆に少ない都道府県は「香川県:2店舗」「鳥取県:2店舗」となっています。

『丸亀製麺』は海外にも進出しており、世界10各国「221店舗」出店しています。

『丸亀製麺』には「5つのこだわり」があり、

  1. 香り豊かな国産小麦100%使用
  2. 打ち立て・生、新鮮なうどんのおいしさ
  3. 茹でたての透明感あるつややかな麺
  4. 毎日丁寧にお店で引く、香り高いだし
  5. 理想のうどんを追求する職人たち

どんなに手間がかかっても、この「5つのこだわり」を持って、仕事に励んでおられます。

スポンサーリンク

丸亀製麺は美味しくない?まずいと感じる理由は?まとめ

『丸亀製麺』のうどんを「美味しくない・まずい」と感じる人は大きく6つの項目に分類されます。

  1. うどんの麺⇒「麺のコシ」が強い
  2. メニューの温度管理⇒熱いうどんも冷たいうどんも「ぬるい」
  3. ネギ⇒薬味のネギが乾燥しまくっている
  4. 天ぷら⇒事前に揚げるので「揚げたて」では無くなっている
  5. 店員⇒店員の態度が悪い店舗もある?
  6. 香川県民⇒本場の「讃岐うどん」では無い!