ハングリーラビットは最後まで目が離せない!あらすじとキャスト紹介!

ハングリーラビットは最後まで目が離せない! あらすじとキャスト紹介! 洋画
スポンサーリンク

映画『ハングリーラビット』!

2012年に公開された主演『ニコラス・ケイジ』のサスペンス・アクション映画です。

ロジャー・ドナルドソンが監督を務めるという事でニコラス・ケイジが出演を熱望した作品です。

  • ハングリーラビットのあらすじとネタバレ
  • ハングリーラビットは最後まで目が離せない理由!
  • ハングリーラビットの意味
  • ハングリーラビットのキャスト紹介!

映画『ハングリーラビット』について調べていきます。

スポンサーリンク

ハングリーラビットのあらすじとネタバレ

ニューオリンズで高校教師をしているウィル(ニコラス・ケイジ)は音楽家である妻のローラと楽しい日々を送っており、この日も5回目の結婚記念日をお祝いをしていました。

そこでウィルは結婚記念のお祝いにネックレスを妻のローラに贈ります。

翌日になり帰宅しようとするウィルに同僚のジミーがチェスをしようと持ち掛けてきて断れなかったウィルは携帯電話をマナーモードに切り替え、チェスに夜遅くまで没頭していました。

ローラはスタジオでの練習も終わり、1人で帰宅しようとした所、若い男に銃で脅され襲われます。

レイプされたローラは病院へ搬送されたころ、チェスの試合を終えたウィルは携帯電話に7件の着信履歴があることに気づき、急いでローラのいる病院へ向かいます。

ウィルが目にしたローラの姿はレイプされ、顔中アザだらけでぐったりしていました。

そんな時に同僚のジミーとトルーディも駆けつけました。

ウィルは途方に暮れ病院の待合室の椅子に座っているとサイモンと名乗る男がウィルに話しかけてきました。

「2年前に俺も同じ事があった。犯人はレイプの常習犯で仮釈放中の男だ!代わりに始末してやろうか?」

ウィルはサイモンが言っている事に戸惑いを感じながらも、「捕まえて警察に突き出すのか?」

サイモンは「代わりに始末してやるんだ。オレ達は警察に変わって、性犯罪者を抹殺する正義の組織だ。金はいらない、手伝ってくれるだけでいい」と言い放つ。

怪しく思ったウィルはいったん断るが、立ち去ろうとするサイモンを呼び止め代理殺人を依頼します。

レイプ犯が自宅に戻ると男が待ち受けており、射殺されてしまう。

代理殺人を完了させた男は誰かに電話し「空腹の兎は飛ぶ」とつぶやきます。

ローラの看病で病院の待合室に居たウィルは知らない男から「保険関係の書類」と封筒を渡され、中を見ると結婚記念でローラに贈ったネックレスとレイプ犯の射殺写真が入っていました。

あっという間の出来事で驚くウィルだったがローラの退院が決まり、一緒に自宅に戻ったウィルはローラに「あの男はもういない」と伝えました。

半年が経過し、ローラもすっかり昔の元気を取り戻しましたがその一方で何かに怯えるウィル。

代理殺人を依頼したあの日の「手伝ってくれたらいい」と言う言葉が引っ掛かっていた。

そんなある日、ローラとビリヤードを楽しんでいた時にサイモンから電話がかかり、呼び出され封筒を渡されます。

「明日の夕方4:15に動物園のポストにこの封筒を投函してくれ!」

動物園に行き、ポストに向かうウィルにサイモンから電話がかかり、「封筒の中を見ろ、女と子供の写真と、男の写真がある。女を尾行して、その男が現れたら書いてある番号に電話して”空腹の兎は飛ぶ”と言え」と言われます。

女を尾行し、男を探すが見つからずにウィルはそのまま帰ってしまう。

翌日、またサイモンに呼び出されたウィルはサイモンに「男はいなかった」と伝えると、再び封筒を渡され、

「この中に男の写真がある。ヴォルザックという性犯罪者だ。同じ歩道橋を毎日同じ時間に渡るから、自殺に見せかけて突き落とせ。監視カメラは壊してある」と言って去っていく。

殺人を実行できないウィルに対してサイモンはローラがいる時も姿を現すようになり、「恩を返せ!」と迫ってきます。

断り続けるウィルに対してサイモンはとうとう自宅まで侵入するようになります。

ローラの身の危険を感じたウィルはとうとう殺人の決行を決意します。

しかし、ヴォルザックが先に襲いかかってきたため、もみ合っているうちに一人で転落し、車に轢かれて死亡しました。

サイモンはウィルに「これで解放だ」と告げました。

しかし、ウィルが殺したのは性犯罪者ではなく、雑誌の記者だった、警察に捕まり刑事のダーガンの取り調べが始まるとダーガンは「空腹の兎は飛ぶ」と言って、ウィルの手錠を外し、釈放しました。

ダーガンもまた組織の一員であることをその時、ウィルは知りました。

ウィルが依頼された殺人の相手が雑誌記者の「アラン・マシュー」と分かり、ウィルはアラン・マシューをネットで調べたり、マシューの友人を装って通夜に行き、聞き込みを開始します。

その結果、マシューがサイモンたちが所属している秘密組織を調べていた事が分かり、その資料が何処かに隠してあり、まだ見つかっていないことを知ります。

ウィルはマシューの車に忍び込み、資料を探しますがそこにあったのは大量のガソリンスタンドのレシート!

ウィルはガソリンスタンドの店主に話を聞くと、マシューが貸倉庫を利用していた事を突き止め、車で貸倉庫に激突し、シャッターを壊して貸倉庫の中を調べました。

そこでウィルはコンパクトディスクを見つけます!

ウィルが貸倉庫を調べている頃、ガソリンスタンドに新聞配達が来て新聞を見たガソリンスタンドの店主がウィルが指名手配犯と知り、警察に通報!

何とかパトカーを振り切り、コンパクトディスクを再生したウィルはマシューのインタビュー動画を目にしました。

そこでウィルはマシューが秘密組織の秘密を知った事により殺された事を再確認しました。

ウィルは同僚のジミーも組織の一員と知り、ジミーの家に向かいます。

ジミーは「オレも弟が殺された時、組織に頼んだ。だからローラがレイプされた時、助けてやろうと思って・・」と言い、ジミーがサイモンに頼んだことを告げました。

サイモンがマシューが襲いかかった映像を持っていた為、ウィルはサイモンに電話をしてコンパクトディスクと監視カメラの映像の交換を要求する。

ウィルはサイモンを閉鎖した商業施設に呼び出しましたが、ジミーがウィルの妻であるローラを人質に取っていました。

サイモンはコンパクトディスクを渡せば、ローラを開放すると告げるとウィルは大人しくコンパクトディスクを渡し、ローラを開放する事に成功します。

サイモンは手下に「2人を殺せ!」と命令すると、ジミーが手下を射殺しました。

ジミーはサイモンに「殺さないと言っただろ!」とサイモンに向けて発砲しますが、逆にサイモンに射殺されてしまいました。

その後、ウィルとサイモンがもみ合っている時にローラがサイモンを射殺しました。

そこへ刑事のダーガンが現れますが、ダーガンは「サイモンとジミーが殺し合っただけだ。お前たちはここに居なかった」と二人を逃がします。

監視カメラの映像が証拠となり、無罪になったウィルはマシューの上司にコンパクトディスクを渡し、「すべてを暴露してくれ」と頼みますが上司は「空腹の兎は飛ぶ」と言い、コンパクトディスクを持って立ち去りました。

スポンサーリンク

ハングリーラビットは最後まで目が離せない理由!

映画『ハングリー・ラビット』が最後まで目が離せない理由として、ウィルの周りには秘密組織の人間が何人もいる事。

同僚のジミーやマシューの上司、刑事のダーガンなどどれだけ秘密組織の人間がいるんだよ!ってくらい居て、全てを闇に葬ろうとする展開は人を信じられなくなりますね。

スポンサーリンク

ハングリーラビットの意味

ハングリーラビットとはどんな意味が込められているのでしょうか?

  • human(人間の)→hungry(空腹の)
  • reason(理性)→rabbit(ウサギ)
  • justice(正義)→jumps(跳ぶ)

頭文字をとって組み合わせた隠語に込められているのは、人間の理性と正義を隠れ蓑にした報復・復讐の正当性だと言えます。

スポンサーリンク

ハングリーラビットのキャスト紹介!

役名 俳優
ウィル・ジェラード ニコラス・ケイジ
ローラ・ジェラード ジャニュアリー・ジョーンズ
サイモン ガイ・ピアース
ジミー ハロルド・ペリノー
トルーディ ジェニファー・カーペンター
ダーガン刑事 ザンダー・バークレー
スカー アイアン・E・シングルトン
ジョーンズ カレン・モス

 

洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題の映画と気になるニュース!